バイク乗りの防寒対策について考えてみました。 - バイクで旅ツーリングに行こう!

バイク乗りの防寒対策について考えてみました。

寒い冬。

バイク乗りには骨身に沁みます。
寒さに負けないライダーになりたい・・・と思いつつ、
防寒(寒さ対策)について考えてみました。

防寒ウエアの基本は、まず第一に「すき間を作らないこと」です。
どんなに厚着をしたとしても、冷たい空気が入ってくれば超寒い。
せっかく着込んでも効果が半減しちゃいます。

特に、「すき間」ができて冷えてしまうところは、「首」「手首」「足首」です。
血流の多い血管が表面近くあるので、血液も冷やされてしまい、
冷えた血液が他のところにも巡るようになってしまいます。
ですので、この「3つの首」を守ることが大切です。

すき間をなくしたところで、次は「保温」です。
基本は、「アウターで風をシャットアウトし、内側に空気の層を作ること」です。
最近はライディング専用に設計された高性能インナーもありますし、
アウトドア用品も、動きやすくコンパクトなものがあり、気になります。
もちろん、アウターとなるジャケットやパンツも大切ですね。

さらに暖かさを求めるのなら、最終&最強手段、「発熱」。
電熱線入りのウエアでぽかぽかです。
定番のベストだけでなく、グローブやインソール型も。
ちょっと高いし、配線が必要な場合もありますが、間違いなく最強でしょう。
バイク用アンダー・インナーウェアランキング

ウエア以外の防寒グッズもありますね。
・カイロ(Zippoハンディウォーマー
・グリップヒーター
・ハンドルカバー
・ナックルガード
・ホットな飲み物

う~ん、探してみるといろいろあるかも。
もうちょっと掘り下げて調べたいと思います。


◆関連記事◆
■バイク乗りの防寒対策その2 アンダーウェアに注目。
■Wraps インナーウエア (レディース)
■zippoハンディウォーマー
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

    スポンサーリンク
 

コメント
非公開コメント

こんにちは。

真冬のライディング、ある意味「修行」のような部分もありますね(^^)

今は電熱のウェアもありますし、対策次第では暖かな冬ライディングも夢ではなくなりました。
ウェアの素材そのものも新しいものがいろいろ出ていて試してみたくなります。
昔はKUSHITANI製をよく愛用していました。

真冬といえば、千葉の山の中で凍結路面に気がつかず転倒。
クラッチカバーに穴があいてしまったことがありました。
なんとか自走して帰宅しましたが、冬ライディングの怖さを知った日でした。

2010-02-07 18:39 from 大角のダンナ

Re: タイトルなし

こんにちは。

ほんと、「修行」みたいですねi-229
温かい缶コーヒーすら幸せを感じます。

最近は、新しいものがいろいろありますね。
インナーの素材とか、新しいものがハイテクそうな名前も付いて
いろいろ出てて、何がなんだかi-183
でも、モコモコに着込まなくても暖かくなれそうなので、試してみたいです。

学生のころはお金もなかったし、レディースのものって
あんまり種類もなかったから、アウトドアのものや、
スキー・スノボー用品のものでモコモコしてました。

クラッチカバーに穴あいちゃったんですか?!
怖え~~i-282
私は、カブで1年中すごしてた期間があるので、
雪が降っても乗ってて、よくこけてました。
でも今思うと、こけたわりに壊れなかったなぁ。
さすがに、大きいバイクでは怖くて乗れませ~んi-238

2010-02-08 19:58 from あき

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.