フェリーで行く北海道、四国、九州 - バイクで旅ツーリングに行こう!

フェリーで行く北海道、四国、九州

日本は小さい島国だ。
でも走ってみると意外と広い。

時間があれば、道中も楽しい旅の途中。
時間がなければ、長い忍耐の走りで体力消耗の道。

目的地までひとっとび!といきたいところだけど、
高いし、バッテリープラグはずさなあかんかったり、いろいろめんどくさいっぽい。

体力を温存しつつ、旅気分を味わえて、愛車と一緒に連れて行ってくれる
それが、「フェリー」。
長距離はもちろん、短距離でもなかなか便利なのだ。

特に、北海道に行くには必ずフェリーを利用することになる。
昔はバイクと一緒に電車で函館に入る方法もあったが、
バイクブームの終わりと共になくなってしまったらしい。
北海道に行く長距離フェリーは次の通り。
 1.大洗~苫小牧
 2.名古屋~仙台~苫小牧
 3.舞鶴~小樽
 4.敦賀~苫小牧東港
 5.敦賀~新潟~秋田~苫小牧東港
 6.新潟~小樽
短距離フェリーは、青森、大間、八戸から出ている。
ちなみに、私が乗ったことがある航路は、仙台~苫小牧、新潟~小樽と、
高速船になる前の舞鶴~小樽。
上陸前のドキドキは忘れられません。

四国&九州は橋があるから、走って渡ることもできる。
東京からは、東京~徳島~新門司で、四国にも九州にも行けます。
短距離フェリーはたくさんあるので、詳しい航路は→日本の旅客船

私は乗り物酔いがひどいので、フェリーに乗るのが不安でしたが、
長距離フェリーは、船体が大きいおかげか、結構平気でした。
幸運にも、海が荒れてる時に乗ったことがない
悪くても、ちょっと傾いてる気がするってぐらい。

uminomiti.jpg
見渡す限りの海と、船の後ろにできる"道"がすき。

お盆休みに北海道に行く長距離フェリーは
予約開始からすぐにいっぱいになってしまいます。
キャンセルも出ますが、できれば最初にチケットを取りたいですね。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.