『銀の匙 Silver Spoon』 by荒川弘 - バイクで旅ツーリングに行こう!

『銀の匙 Silver Spoon』 by荒川弘

「北海道の美味しさ満載!」

数ヶ月前、本屋のコミックコーナーで、この帯が目に飛び込んで来まして、
北海道LOVEな私は興味津々。
最近の本屋は中身が見れないからね、帯と裏表紙から内容を探ってみると、
北海道の農業高校の話らしいとわかりまして、
これはちょっとおもしろそうかもと。

昔、まだ北海道バカではなかったはずのころ、
「動物のお医者さん」を読んでました(今も持ってるけどね)。
あれはあれでおもしろいけど、今思うと北海道感は少なかったかなと。

で、銀の匙ですが、
本屋で見つけて以来、気になって気になって・・・
買ってしまったわけです
本屋で見た頃に2巻が出ていたので、1巻と2巻。
読んですぐに、
「続きが読みてぇー!」と。

内容は、
有名な中高一貫の進学校に通っていたが、激しい学力競争にやられ
夢もなく、「家に帰らなくて済むから」と全寮制の農業高校に入学した主人公が、
北海道らしい、バカ広い高校で、動物と自然に囲まれ成長していく(はず)
って感じの学園漫画。
「マンガ大賞2012」大賞、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」2位、
「第3回ブクログ大賞漫画部門」を受賞しているそうです。

これがなかなか、北海道感がところどころにあっておもしろい。
校内なのに、「クマ出没注意」の看板があったり、
隣の家まで8km?!もあったり、
たまーに、北海道弁が出てきたり。
ちょいちょい出てくる北海道感が私の心をグッとつかむわけ。

でもね、内容もいいんだ。
今の世の中、多くの人は食材、特に肉類は、パックされたものをスーパーで買う。
牛ちゃん、豚ちゃん、鶏ちゃんの「命を頂いている」という感覚は薄い。
でも頂いてるんだよね。
もちろん、野菜や魚とか、食べ物は全部そうなんだけど、
特に「肉」って素の姿が浮かばないし、考えないようにしてるかも。
でも実際は牛や豚、鶏などを殺して肉にしてるわけで、
忘れちゃいけない大切なことなんだよね。
私には殺せないけど、肉は大好きだから、
せめて、感謝して食べようと思うようになりました。

深く考えると暗くなってしまいがちな話なのに、
このマンガはところどころ笑いもあっておもしろい。
ついでに言うと、同著者の「百姓貴族」というコミックも、同じく、
北海道の農家、というか著者の実体験をもとにしたコミックエッセイで、
リアルなのに笑いどころが多く(お父さんがすごい)おもしろい。

で、本日3巻が出たわけです。
アマゾンさんが、「藤やん・うれしーの 悩むだけ損!」をチェックした人に
何かお探しですか?って似たような本を紹介するなかに、
「銀の匙3」が入ってまして(^^?
藤やんやミスターの本たちに混じって、「銀の匙」。
北海道つながり?
私的には、北海道つながりだったし買う予定だったのでぴったりでしたが

3巻では、なんと!カブ(C100かな?)も登場します!
まるで牧羊犬のようにカブで牛を柵の中へ追い込む
しかも荷物満載、旅の途中やがな(笑)
いやー、やっぱ旅荷物満載のカブはかわいいよねぇ

カブが今後出てくる可能性は低そうですが、
早く続きが読みたい、いいマンガだと思います。
北海道バカではない人にもオススメです




  
3巻には「銀のスプーンつき特別版」というのがありまして、
私、特別版を買ってしまいました
ティースプーンよりちょっと大きめで、でっかいアイスをガシガシ食べたいサイズ。
何よりかわいい。
銀メッキですが、プラス420円でこのスプーン、満足です


追記。
2015年現在、最新は13巻。
主人公、八軒の成長っぷりがすごい。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

    スポンサーリンク
 

コメント
非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2012-04-18 16:43 from

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.