なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけ。息子に効いた方法。 - バイクで旅ツーリングに行こう!

なかなか寝ない赤ちゃんの寝かしつけ。息子に効いた方法。

息子が6ヶ月になりました。
かわいいですけどね、いろいろ大変です。一番大変かなぁと思うことが「ねんね」。
そこで、この6ヶ月でわかった赤ちゃんと睡眠関連のことをまとめておこうと思います。

      スポンサーリンク



赤ちゃんって思ったほど寝ないのね


赤ちゃんって、おしっこやうんちしたら泣いて、お腹が空いたら泣いて、おっぱい(orミルク)飲んでお腹がいっぱいになったら寝るんだと思ってた。

全然違ーーーう!!

うちの息子はおしっこしても泣かない。
うんちしても泣くときと泣かない時がある。
お腹がすいたら泣くけど、おっぱい飲んでもめったに寝ない

っていうか、新生児は満腹を感じないらしい!
後から知ったんですけどね、満腹中枢が形成されるのは3ヶ月くらいで、それまではスタミナが続くかぎり飲むんですと。
んで、飲み過ぎて吐く。でも笑顔。で、寝ない。(寝る時もある)

育児本見るとね、「新生児は授乳とオムツ替え以外ほとんど寝てる」みたいなことが書いてあるんですよね。
あんなに寝る子はどのくらいいるんでしょ?

うちのはたま~によく寝る日があったけど、それでも育児本ほど寝ませんでしたよ。
育児本が当てにならないってわけじゃないですが、当てはまらないこともあるよね。

現在6ヶ月なので、新生児ほど寝ないのは当然ですが、今までに気付いた&知った赤ちゃんと睡眠についてまとめてみました。

・縦振動が眠りを誘う。車の振動、抱っこしながら歩く、スクワットなど。
・抱っこで寝た赤ちゃんをベッドに置くと目を覚ましグズる。背中にセンサーついてる??
・2時間も起きてたら疲れて眠い。
・眠いのにうまく眠れなくてグズる。

4つ目、「眠いのに寝れなくてグズる」を知ったときは衝撃的でしたね。
眠いなら寝てくれれば本人もママも楽なのに
授乳後に寝なくてもいいので、ちょっと遊んだりして眠くなったら寝かしつけるようにしよう。
とした結果、生活のリズムも少しつかめたし、気持ち的にも楽になりました。


うちの息子に効いた寝かしつけ方法


成長するにしたがって徐々に間隔は変わりましたが、起きてから1時間半~2時間くらいで眠くなってグズりだします。
できればグズる直前から、効果的な寝かしつけをしたいですね。
でもその「寝かしつけ」が難しい。
寝かしつけの方法はいろいろとありますが、息子に効果的な方法はこれです↓。


新生児の夜泣きやむずかりを鎮める5つのS


 (参考http://www.hugly-lovely.jp/kiso/5s.php)
 詳細は上記HPを見ていただくとして、息子に効いたのは4つ。
 ①くるみ込み、②お腹を下にした横抱き、④スウィング、⑤しゃぶらせる
 「③sh-」は効いた気がしませんでした。
 初めてこれを試したとき、おくるみにくるんでお腹を下にした横抱きをすると、
 さっきまでグズって泣いていたのが急に静かになり、
 ちょっとスウィングしたら、スーッと寝てしまって感動しました。
 現在はあまり効かなくなったのでやってませんが、2、3ヶ月までは効果的でした。
 ⑤しゃぶらせるに関して、おっぱいは今も最強ですが、
 小さい頃はおしゃぶりや指でも効果がありました。
 途中からおしゃぶりも指も「まず~い」という顔で吸ってくれなくなりました。


抱っこで縦揺れ、スクワット


 グズってるときにも効果的な方法です。
 「縦抱っこでスクワット」はグズりも収まります。
 ただし、グズりが収まったからと止まったり座ったりするとすぐにグズります。
 抱っこして揺れたりスクワットをするので、疲れるのが難点です。
 最近知りましたが、脳が揺れると眠りを誘うようです。
 上で出た「スウィング」もその一種ですね。
 大人でもハンモックや電車の揺れで眠くなるのは程よく揺れているからだそうです。
 赤ちゃんを強く揺さぶると「乳幼児揺さぶられ症候群」の危険があります。
 適度に心地よい揺れで寝かしつけましょう。


添い乳(ミルクのみの場合はできません。ごめんなさい)


 添い乳はなかなか強力です。
 ベッドに寝た状態で授乳し、眠ったころにおっぱいを離すだけなので、
 「せっかく寝たのにベッドに置いたら目を覚ました」というリスクがなくなります。
 そのまま一緒に寝てしまうと乳出しっぱなしという危険がありますが
 そして、最大の欠点は、「パパにはできない」ということですね。
 添い乳でしか寝れないとなると、ママしか寝かしつけられません。


トントン


 最初の頃はあんまり効かないかなぁと思ってました。
 それでも夜中に眠りが浅くなって起きそうになるときとか、眠る寸前とかは
 効果があったので、そういうとき用でした。
 一定のリズムがお腹の中にいた時のママの脈拍の音を思い出すのでしょうか。
 たぶんそれもあるんだと思いますが、「脳が揺れて眠くなる」というのを知って、
 ちょっとトントンの仕方を変えてみました。
 トントンの振動が頭の方にも行って心地よく揺れたらもっと効くんじゃない?ってことで、お尻を頭の方に向かってポンポンと。
 これがなかなか効果大。
 現在、お昼寝はこれで寝かしつけてます。
 ベッドにちょっと横向きで寝かして添い寝し、お尻をポンポン。
 寝てからベッドに置くわけではないので、置いた瞬間に目が覚めることもないし、
 抱っこでヘトヘトになることもありません。


隣で寝たふり&大きな寝息を聞かす。手を握る。


 効果は少ないですが、効くこともあります。
 現在はトントンのサブ的な使い方をしてます。ついでに私も昼寝。 
 ちょっと大きくなってからは、これが主流になりました。
 「ママが寝ちゃって遊んでくれない」ってわかると「自分も寝るか」ってなるみたい。
 

子守唄CD


 今のところ効果は少ないですが、現在刷り込み中?
 すでに眠くてトントンしているバックに流して、「このCD=ねんね」
 って気分になってくれたらいいなぁと。
 赤ちゃんにはまだまだですが、私に効きます(笑)


最近の寝かしつけは、おっぱい飲んでベッドに置いてトントンって感じです。
まだまだもっといい方法があるのかもしれませんが、今はコレ↑を基本に
頭をなでなでしたりもして寝かしてます。
パターン化することも大切らしいので、一番寝やすそうな方法を「ねんねの合図」として定着させるために、継続中です。

他にも寝かしつけの方法はありますが、うちの息子に効くのはこんな感じ。
その子に効くお気に入りの寝かしつけ方法を見つけて、
ママも赤ちゃんも楽にねんねできるようになるといいですね。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

    スポンサーリンク
 

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.