麺通団

麺通団で読む「さぬきうどん」

昔、まだ四国に行く前のこと。

さぬきうどんのおいしいお店がしりたくて、読んだはずがいつの間にか、読み物としてもおもしろくなってしまった本があります。
それが、「恐るべきさぬきうどん」。

香川のタウン情報誌の連載コーナー「ゲリラうどん通ごっこ」を書籍化したもので、映画「UDON」のモデルでもあります。
映画「UDON」と「恐るべきさぬきうどん」の記事はこちら

で、「ゲリラうどん通ごっこ軍団」を略して「麺通団」。

もちろん、おいしい讃岐うどんのお店が載っているのですが、写真もなく、へたしたらうどんの味よりもうどん屋までのアプローチの方が文章の量が多い。
(文庫本だから写真がないのは仕方ないのですが・・・)

でも、その文章がおもしろい。
「恐るべきさぬきうどん」は、讃岐うどんガイドブックではなく、さぬきうどんをいろんな角度から楽しむ、さぬきうどんエッセイな感じ。ネタ帳か?!

読み物としておもしろい訳は、団長の話術かうどん屋自体か。
きっと両方だと思う。

さぬきのうどん屋はおもしろい。
まず、店が見つけにくい!店にたどり着くまでもわくわくなのだ。

そして、名物おばちゃんがいたり、家みたいだったりもする。
(普通のお店もありますよ。こんな↑店ばっかりじゃありません。)

そしてもちろん、うどんがうまい!安い!
だから何軒もはしごしたくなるし、何度も行きたくなる。

最近行ってないので、だいぶ「さぬきうどん」が切れてきた。
あー、うどん食べたい!

あ、で、団長の話もおもしろいんです。
方言も入ってるからかもわからんけど、おもろい。

んで、買ってしまったのが、
団長の事件簿「うどんの人」の巻 ―超麺通団2
団長の家族旅行の話と、麺通団結成以前のタウン情報誌の話、そして、ちょっとうどんの話。

これがまた、なかなかおもしろい。
「笑いの文化人講座」もちょっと読みたくなっちゃった。
その後に出た、『超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方 (超麺通団)』も
もちろん、我が家にはあるのですが、最近、『超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識
というのが出たそうで。

近所の本屋じゃ置いてないので、アマゾンでポチッとしちゃおっかなと
ただ、読んだら絶対食べたくなるんだよなぁー。
香川には当分行けないし・・・ってなりながら、

麺通団のHPを見ると、麺通団shopで、
麺通団プレシャスうどんお試し2食セット」が売ってて、
税&送料込でなんと!500円!!安いっ!ってなるわけですよ。

う~ん、はめられてる
いや、もう見てるしね、知ってるから、読んだらきっと買いますよ。
500円だし。

もしかしたら、自分でうどんを打つぞ!ってなるかもしれんけど。
あー、うどん食べたい。
・・・とりあえず、超麺通団4を発注しまぁ~す。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ