コールマンのテント2015。トレッキング用とティピー型が出たよ。 - バイクで旅ツーリングに行こう!

コールマンのテント2015。トレッキング用とティピー型が出たよ。

今年はコールマンから軽量コンパクトなトレッキング用のテントが登場しました。
そして、ティピー型テントも登場です。

トレッキング用のテントは荷物を最小限にしたいツーリングキャンパーにもちょうどいいですからね。
詳しく見てみたいと思います。

      スポンサーリンク



コールマンnewトレッキングテントの基本スペック


インナーテントの広さ、重量、収納サイズなど、基本のスペックを確認してみましょう。

トレックドーム カペラ/75


●定員:1人用
●インナーサイズ:約75×225×105(h)cm
●重量:約1.6kg(ペグ、ロープ、収納ケースは含まない)
●収納サイズ:本体とポールとペグが別収納。φ15×51(28.5)
●耐水圧:フライ/約1500mm、インナーボトム/約2000mm
●仕様:ベンチレーション、メッシュポケット
○価格:29000円(+消費税)


トレックドーム カペラ/120


●定員:2人用
●インナーサイズ:約120×225×110(h)cm
●重量:約2.0kg(ペグ、ロープ、収納ケースは含まない)
●収納サイズ:本体とポールとペグが別収納。φ18×52.5(30)
●耐水圧:フライ/約1500mm、インナーボトム/約2000mm
●仕様:ベンチレーション、メッシュポケット
○価格:35000円(+消費税)


同じクラスの軽量コンパクトなテントとの比較


今回は一人用のテントを比較します。
コールマン「トレックドームカペラ75」と比較するテントは、次の3つです。
  • トレックライズ0
  • スノーピーク ランドブリーズソロ
  • ダンロップR127(ツーリング向けですけど軽量なので)

比較項目は、「重さ」「収納サイズ」「広さ」「価格」です。


重さ[kg]


  • カペラ75:1.6
  • トレックライズ0:1.25
  • ランドブリーズソロ:1.85
  • R127:1.9

「トレックライズ0」軽っ!!(笑)
カペラも結構かるいですねぇ。


収納サイズ[cm]


  • カペラ75:(本体)φ15×28.5、(ポール)?×51
  • トレックライズ0:(本体)φ13×28、(フレーム)φ13(?)×42
  • ランドブリーズソロ:(本体)φ15×40、(フレーム)12×40
  • R127:(本体)33×19、(ポール)37 

収納サイズって数字で見てもちょっとわかりにくいですね
どのテントも本体とポールが別々に収納できます。
「カペラ75」の「ポール:51cm」はちょっと長いかもなぁ。積載方法次第ですが。


広さ(間口×奥行×高さ)[cm]


  • カペラ75:225×75×105
  • トレックライズ0:205×80×100
  • ランドブリーズソロ:205×100×100
  • R127:200×90×100

「カペラ75」狭い;;でも長辺方向が長いのはアメリカ人(欧米人)向けなのかな?
身長157cmのわたし的には、荷物は足元に余裕で置けるやろなって感じです。
奥行75cmは狭いねぇ、トレックライズも80cmだからたいして変わらんか。
比べてみると、ランブリソロは意外と広いんだなぁ。
「広さ」は当然「重さ」にも関係しますね。


価格(2015/2/16現在の楽天最安値)


  • カペラ75:31,320円
  • トレックライズ0:39,501円
  • ランドブリーズソロ:37,800円
  • R127:19,872円

コールマンのテントで3万超え
軽いからねぇ、値段が上がるのはわかりますよ。でも3万超えちゃうのかぁって感じ。

軽量コンパクトなテントを求めてるけど、身長高くて狭いわ!って人にはちょうどいいのか?
わたし的には、軽さを追求するならトレックライズ0だし、
「軽くても多少広さも欲しい」ならランドブリーズソロかR127、値段も考えたらR127かな。
トレックライズとランブリは別売りで大きいフライシートもあるから、そっちの方が広くてわたしには魅力的なんですけどね

コールマンは価格がお手頃なのが魅力だと思っているので、カペラはどうかなぁ…
税込で2万円台後半くらいだったらなぁって感じです。



ティピー型テントも出たよ


ウィンズライトティピー/320


●定員:3~4人用
●使用時サイズ:約325×230×200(h)cm
●重量:約5.0kg
●収納時サイズ:約直径16×60cm
●耐水圧:約1500mm(フロア:約2000mm)
●仕様:前・後室、メッシュドア×2、ベンチレーション、メッシュポケット
○価格:27000円

ツーリングにはちょっと大きいか?ってか、ティピー型でこのサイズの割に重い。
サイズ・価格的にもロゴスのTepee300の方が好きです。



まとめ


2015年のコールマンの新登場テント、いかがでしたでしょう。
わたし的には、「まぁ、選択肢が増えるのはいいんじゃない?」って感じです。
ただ、価格がね。
『コールマン』って価格もお手頃なのを期待しちゃいますからね、その割にはちょっと高いよね。
ティピー型は重いし。
でもまぁ、いろんなメーカーからいろんなテントが出るのは選択肢が広がるからいいですね。

コールマンのツーリングテントに関しては以前の記事「コールマンのツーリングテント2014 」で書いてますので良ければ読んでみてください。
去年の記事ですが、ラインナップは今年も同じです

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

    スポンサーリンク
 

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.