レザークラフト

革スキに苦戦。

最近、革でポケットティッシュのケースを作ろうと思い、少しずつ進めていたのですが、ここ数日、「スキ」作業に悪戦苦闘してます。

「スキ」は、革を薄く削ぐ作業なんですが、難しい
苦手なんですよねぇ・・・。
ペディでやっても凸凹したり、貫通してしまったり
何とか下手でもやりやすい方法はないもんかと、いろいろ試行錯誤もしてみたのですが、いまいち・・・。

で、レザークラフト技法事典をもう一度読み返しまして。
そういえば、ガラス板の上でやれって書いてあったけど、
ちゃんとガラス板の上でやってなかったなぁと思ったので、今日はちゃんとガラス板の上で、別たちの刃を新品にしてやってみたところ、なんと、
シュパーンッ!って感じだったのです。

まぁ、こんな大げさではありませんが
それでもずいぶん削ぎやすくて、やりやすい。
なんでちゃんとガラス板の上でやってなかったんだ私

まだまだ腕が未熟なもんで、きれいにはできませんが、これなら練習しようって気にもなる!
練習してもっときれいにサクサクッとやってのけたい。
よーし練習だ!

そのためにはよく切れる刃じゃないといかんのよね。
今は別たちだから、「切れる刃=新しい刃」なわけで、革包丁欲しくなってきちゃったなぁ。
研ぎなおせば何度でも「よく切れる刃」になるし。

ちょっと前に、砥石を買ってきて、包丁を研いだんです。
初めてだったんで、1本目はあんまりうまくできんかったんですが、2本目、3本目となかなかいい感じに研げたの。

けっこう楽しくできたし、それなりに何とかなるってわかったので、「研ぐ」ってことに不安とかビビリがなくなりまして、したら革包丁欲しくなってきちゃったんだよねぇ。

革包丁のネックは「研がなきゃいけない」ってとこだったから。
しかもきれいに漉くには「よく切れる刃」が必要だし

とはいえ、まだ別たちの新しい刃があるから、それが終わるまでは別たちに活躍してもらいます。
少しでもよく切れる状態を持続して欲しいので、とりあえず、「革砥」を作ってみようかな。
あ、その前にポケットティッシュケースを・・・失敗しそうなんだよねぇ・・・。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ