【バイク乗りの防寒対策】人気の電熱ウェアまとめ2015 - バイクで旅ツーリングに行こう!

【バイク乗りの防寒対策】人気の電熱ウェアまとめ2015

寒くなってきたので、バイク用の人気電熱ウェアをチェックしてみました。

冬になると、どれだけ防寒着を着込んでも少しずつ冷えていくので、何か熱源が欲しい!
そんな時の「電熱ウェア」です。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのランキングを見てみると「ヒーテック」のものが良く売れてるみたいです。
メーカーで見てみると、Heatech(ヒーテック)、RSタイチ、コミネ、Daytona(デイトナ)、その他って感じです。

防寒のポイントは、冷たい風が侵入してこないようにアウターでしっかり防風して、インナーで温かい空気の層を作ることです。
特に、首・手首・足首は隙間ができやすいし、血管が皮膚に近いので熱を奪われやすいです。

んで、よっぽどしっかり防風したとしても常にアウターの表面から冷気は襲ってくるんですよねぇ。
わたしは平熱低めだし寒がりなので、もっこもこに着込んでもギリギリだったなぁ…。

そこで強い味方になってくれるのが電熱ウェアたちです

もうね、電熱パワーで暖めてもらうのが確実ですよね。
まぁ、近年、冬にはバイクに乗っていませんが、乗ってたころはZippoカイロで暖まってました。
自分以外の熱源があるとかなり違いますよ。

ということで、電熱ウェアのまとめです。
Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売上ランキングを参考に、人気商品をピックアップしました。


電熱インナージャケット


ヒーテック(HEATECH) ヒートインナージャケット


これ楽天でめっちゃ売れてるみたいです。
2013年に岩城滉一さんの監修を受けて好評だったみたいで、さらにアップデートされてます。

腕の部分や首の部分も温めてくれるのがいいですね。
オンオフ操作ができるワイヤレスリモコンも付属しています。

また、小~中排気量のバイクやスクーター、旧車にも最適な省エネモデルもあります。
どのモデルもバイクから電源を取るタイプです。

ヒーテックの商品は「MotoGoods Market楽天市場店」が一番安いです。


RSタイチ e-HEAT インナージャケット


続いて人気の電熱ジャケットがこちら「RSタイチのe-HEATインナージャケット」。
タイチのジャケットはかっこいいですよね。

温かくなる部分が背中だけなのがちょっと少ないかなぁと思います。
カブとかW400とか、わたしが乗ってるバイクは伏せて乗らないんで、前面が風当り強いんですよね。
お腹・心臓辺りも温めてほしい。

タイチのe-HEATは電源が別売りになっていて、車両のバッテリーに接続するセットか、リチウムイオンバッテリーに充電して使うセットかを選べます。
走ってるときはバイクのバッテリーから電源とって、降りてちょっと観光とかってときにリチウムイオンバッテリーでってこともできます。両方買えば。

サイズによってはAmazonが安いです。


デイトナ(Daytona) 電熱ブルゾン テラヒート


そんなに人気はないみたいなんですけど、わたしが気になってます。

電熱ウェアって「黒」が多いですよね。
まぁ、それでもタイチはカッコいいんですけど、「バイク用」って感じはかなりします。

その点、デイトナっていうか、元はヘンリービギンズですが、これはグレー へリンボーンもあるんです
2015y11m11d_231123197.jpg


しかもこれ、インナーじゃないんですよね。
普段着としても着れます。

電源は別売りでモバイルバッテリーか車体電源か選べます。
Amazonが安いです。


電熱インナーベスト


SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベスト ぬくさに首ったけ あったかベスト


なんかコレ、アマゾンでも楽天でも人気なんですが、特に「バイク用」ってわけじゃないですね。

温かくなる部分が前面にはないんですが、背中から腰までの部分と首の部分にあります。
首が温かくなるのはわたし的にはポイント高いです。

バイク用じゃないので、当然充電式バッテリータイプ。
楽天もAmazonもほぼ同じ価格です。


RSタイチ(RSTAICHI) e-HEAT インナーベスト


インナーベストでもタイチがなかなかの人気です。
ベストは3カラーあります。
値段はどこでもほぼ一緒ですね。


デイトナ(Daytona) 電熱ベスト テラヒート


こちらもベストタイプがあります。
ブルゾンよりもベストの方が人気かも。


電熱インナーパンツ


ヒーテック(HEATECH) ヒートインナーパンツ


インナーパンツも人気です。
股から脛にかけて温かくなるみたいです。

足は冷えるんですよねぇ。冷え性だからかな?
冬もガンガン走ってた頃にこれ欲しかったなぁ。

MotoGoods Market楽天市場店」が安いです。


HEATKING 電熱ヒーターインナータイツ


ヒーテックに比べると安いです。
電熱部はお尻の上の部分と膝×2、脛×2の5ヶ所にスポット的にあります。

わたし的にはパンツタイプで電熱部も広いヒーテックの方が好きですが、値段が倍以上違うんですよねぇ・・・。


電熱グローブ


インナーグローブ


1万円以下で買えるインナーグローブが人気です。


どちらも1万円弱。
薄手の伸縮性のある素材で、温度は3段階に変えられます。

めちゃヒートの親指・人差し指はスマホ操作も可能です。


普通のグローブタイプ


こちらはコミネとRSタイチが人気です。

コミネ(Komine) Electric Heat Gloves

2種類あってどちらもプロテクターが入っています。


RS TAICHI eヒート グローブ (本体のみ)

プロテクターが入ってるタイプ、ないタイプ、レザータイプがあります。


電熱ネックウォーマー



首と肩を温めてくれる電熱ネックウォーマー。

肩・首が冷えると、なんか無駄に力が入っちゃってすごい肩がこるんですよね。
これだけでも欲しかったなぁ。昔、肩にホッカイロ張ってたりしました


足元の電熱グッズ


足先も冷えますからねぇ。つま先を温めてくれるって素敵です。

ただし、つま先はかなり冷えやすいです。
靴(ブーツ)でしっかり防風できないと電熱があってもあまり実感できないようです。

昔、スニーカーからブーツに変えただけでもかなり足元の冷えは変わりましたね。
ツーリングのときはさらに靴下用ホッカイロも貼ってました。





あとがき


わたしが真冬も元気にバイクに乗ってた頃はこんなに電熱グッズはなかったんですが、今はいっぱいありますねぇ。
いろいろ見ましたが、ヒーテックがなかなかの人気ですね。

バイクから電源取るので、配線しなきゃいけないってのは面倒ですが、一番暖かそうです。
もし今もあの頃のように乗っていたなら、ヒーテックで全身そろえてグローブはタイチのレザータイプの電熱グローブにしたいですね。

お金がなかったとしても、せめて電熱ネックウォーマーと電熱インナーグローブだけでも欲しかったな。
あとはEDWINのあったか防風ジーンズとzippoカイロでけっこう頑張れる・・・はず。


これだけ電熱ウェアがあると、お金さえあれば冬でも暖かく走れそうだなぁ。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ    

    スポンサーリンク

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © バイクで旅ツーリングに行こう! All Rights Reserved.